銀河さえも霞むくらい

ひかりかがやくすのーまん

井の中の蛙 大海を知らず

ステージナビのSnow manインタビューが物議を醸していますね。

文字だけだから細かいニュアンスはわからないし、多少なり脚色されている部分もあるだろうけど、率直に残念だなぁって感じました。以下はぺーぺーすの担が個人的に思ったことです。

 

 

ーここ何年かジャニーズJr.のパフォーマンスを見ていると、どんどんレベルが上がってその一端はSnow manの存在も大きいかと思うのですが。

深澤「うちらは別にジャニーズJr.を底上げしているつもりは全くないですよ。ただ今、うちらがやってることを他のグループが出来るかって言ったら、できないとは思うので。「ジャニアイ」の太鼓、ライフル、バスケはミックスした団体の力だけどSnow manがやってたオリンピックの5ステージとかは、同じことをやっても同じようにはできないと思う。うちらにしか出来ないっていう自負はありますよ。でもね、周りのレベルが上がってきてるのはいいことだなって思います。」

 

人前に立つ仕事でライバルは何人もいるから、自信を持ってほしいとは常々思っているので自信過剰でもいいとは思うんですよ。でも人を下げてまで自分を上げる必要はないよね。

 

 

渡辺「正直、アクロバットもここは見せ場だなって思うところとそうじゃないところもあって。ここでやるのは目立てるけど、ここでやるのってどうなんだろう…他ができてないから俺らがやってるのかな?ってふと思う時もある。もう少し出来る子がいてもいいのかな?って。でも、そうは思いたくないんだよね。

佐久間「でも正直、Jr.全体でやる舞台は、そうも言ってられないからね。いいものにしようっていう気持ちしか俺らにはないから。舞台は全員の力が必要だから、そこに全力を注いて当然だよね。」

 

この渡辺くんの発言も、後に出てくる岩本くんの発言(の前半部分)も言いたいことはなんとなくわかります。

数合わせとして出てる場面があるのでは?って自分達でも感じてしまうほどの出番の多さ、その多さゆえに肉体的にも精神的にも追い込まれて、自分たちにスポットライトが当たる場面(例えばバスケとか)で本来の力が出せない。その割にはメイン級ほどのインパクトや華やかさには欠けるし、不満の一つや二つくらい言いたくもなるんでしょう。

ただそれを、せっかく10ページも特集を組んでいただいた雑誌で言うべきではなかったし、聞きたくなかった。大変だったけど頑張りました!って言えていたら変わっただろうに。

 

 

岩本「俺らが全力を注ぎたい部分があっても、どこかで分散しなきゃならない部分があって。見せ場となっているところが、他のグループは100%の力で挑めても、俺らは出番が多いから20〜30%の力で不利な状態でやらなきゃいけなくて。これまではペース配分して緻密に自分の体力と向き合っていかないと、一つの舞台をやりきれない感じだったの。だからもっと出来る人が増えたほうがいいかなって思います。そしたら俺たちはすべてのパフォーマンスに100%の力を注ぐことができるから。俺らがみんなにクオリティーを合わせに行くわけにはいかないんですよ。ジャニアイでも最初は2つの演目くらいしか出番がなくて少なかったの。でもいざ稽古が始まったら、俺らが出来るからどんどん増えて。見せ場が多いのは覚えてもらえるし嬉しいことなんだけど、ただそこで演じるっていうのは、見てる人もわかんないし。俺らがただずっと出ててもわかんないんだよね。」

渡辺「それを思ってやってるわけじゃないけどね。思っちゃう時もあるよっていうのはある(笑)」

阿部「ポジティブに言うなら、いろんなシーンを任せてもらえるっていうのは信頼の証だと思うので、そこは認めていただきたいなって思います。」

 

太字にしたところが正直一番ショックだった。3時間もある舞台でSnow manに費やせる場面はそれだけだと大人たちに思われていたなんて。

他ユニも少なかったのか、すのだけが少なかったのか、それだけでも変わってくるからこれは憶測になるけどあれだけ自信過剰に自分たちのことを語っていたのに、結局大人たちの評価はその程度なんだなぁって。

だからこそ、出番が増えていろんな人に見てもらえる時間も増えたのになんで紙面で愚痴っちゃうんだよーーーーそういうとこだよすのが残念なところってさーーーー

 

 

 

阿部「でも俺らはTOPのJr.を目指しているわけではないですよ。」

ーじゃあ今後どう攻めていったらいいんだろう

佐久間「その先ですよね」

深澤「わかんない。」

渡辺「難しすぎる。」

岩本「それは俺らにもわかんない。」

渡辺「それがわかってたら、俺ららデビューできてるもん。その答えは俺らだけじゃなく、今のJr.誰も答えられないかも。」

深澤「うちらは与えられた仕事はちゃんとやってるから。」

〜中略

渡辺「いつチャンスが来てもいいように、常に万全に整えておくってことしか出来ないのかもしれない。」

 

わからんのかーーーい!!ってずっこけたとこ。じゃあなんて答えたらいいのかなんてデビュー経験のない私にはもっとわからないし、Jr.の目指すところがCDデビューだけとは限らなくなってきたほどJr.の活動は近年多様化してきているけど、それにしても「自分たちの未来のために自分たちが今何をしたらいいのかわからない」って現在進行形で応援しているアイドルに言われるって、ファンとして寂しすぎる。

 

 

周りの様子を伺いすぎて前に出られないって自分たちでもわかっているみたいですが、それを言い訳にしないで物怖じせずに前へ前へいかないと。たとえ寝言だと揶揄されたって口癖のようにデビューしたい!とか生き残りたい!とか言わないと、言葉や行動に起こさないと自分達にとっても周りにとってもSnow manが何をしたいのかわからないし見えてこないよ。

 

結局そういうところが(ところも)いつまでも今のポジションにいる原因なのでは?

少年収も毎月ちゃんと呼ばれたり掲載される雑誌を一つでも増やしたり、それこそ外での仕事をもらうとか、何か形にしてから自信過剰になったり愚痴ったりしてくれないと、何もかも中途半端だよ。もちろん頑張ってることも知ってるけど、もっともっと頑張らないと上にはいけないよ。

 

 

私個人の意見ですが、出番多くてしんどくて本来の力が出せないと言われたとて、知らんがなって思ったりもする。
実際怪我もしてるし本当にきつかったと思うからあんまり酷なことは言いたくないけど、見てる側には演者の体調がどうとかは関係ないので。最高で完璧なものが見たくてお金を出して見に行っているので、顔が見たいだけならテレビや雑誌で見ます。納得のいくパフォーマンスが見せられなくて申し訳ないと言うのなら別ですけど、でも言い訳は聞きたくない。

お互い人間だけど彼らは絶対に超えられない壁の向こうにいるアイドルであるからこそ、非日常を求めているのに現実を突きつけられても困る。(ステージ上だけじゃなくプライベートも)

ていうのは、アイドルにはいつでも完璧でいてほしいと思うタイプのヲタクだからですが。渡辺担の私が言うと信じがたいでしょうけど。(笑)

 

 

いろいろと書いてしまったけど、すのにもっと頑張ってほしいしもっといろんな人に見つかってほしいからこその、個人的な思いです。

ブログ書きながら少年のDVD流してるくらいなので嫌いとか見る目変わったとかそんなのないから!3月の横アリ本当に楽しみにしてるから!

 

以上です。お目汚し失礼しました。