銀河さえも霞むくらい

すのーまんがすきなおとなです @1827xxm

道しるべ

2016年12月13日。舞祭組がシングル発売することが発表されました。

それを受けて思ったことは「そっか~頑張れ~」くらい軽いものでした。特に買うつもりもなくて。

 

クリスマスだったでしょうか、歌詞が一部わかって。

誰宛てかわかる内容でこの時期にリリース。美談を素直に受け入れられないようなひねくれている私には理解に苦しむものでした。

この時期だからこそ、感謝を伝えたい気持ちはわかる。でもそれは内輪でやればいいのに。って正直思いました。

 

4人がスポットライトを浴びるきっかけを与えてくださったことは本当に感謝しています。

だけど気づけば思っていたものと違ういじられ方をされるようになってきて、うたげでの扱いは末代まで呪うくらい許しがたいですファンとしては。それだけは今も変わらず。

 

外野ながらコンセプトにモヤモヤとしながら迎えた12月26日。最終回。

最後のステージにて、曲が始まった瞬間から最後までずっと泣き通していた自分がいました。

私にとっては担当でもなければコンサートに行ったこともない一度もゆかりのないグループだったけれど偉大な人たちだったんだなって。

そして、お恥ずかしい話ではありますが内輪でやれよと思っていた数日前の自分を殴りたくなりました。

きっとこちらが思ってる以上に思うことがあるだろうから、自分たちなりに自分たちの感謝を伝えてください。

 

そう思いながら今日、1月4日。「道しるべ」発売日。

初回Bを買ってきました。

 

DVD(合宿ドキュメント)を見るとやはりコンセプトの裏には偉大な存在が見え隠れしますが、自分たちですべて決めて作っていく過程を見た上で曲を聞くと今までにない気持ちでした。

 

セカンドシングルからは受け入れ難いものになっていた舞祭組としての活動も、いつものスーツ姿も見ないのかもしれないと思うとどこか寂しい。

みんなの思いが詰まったこの歌が届くといいね。

 

 

以下は余談ですが。

 

二階堂くんがシャツの袖開けてるのは最初からいつものことなので、妄想って本当怖いなって感じました。

 

それとエイベが変わったのか、本当に欲しい買いたいと思うものを届けてくれるようになって嬉しい。

リリースするからには売上は大事だけど、売上至上主義感にドン引きしながらも買うしかないジレンマから、一昨年辺りから解放されたのを感じます。

今回も買うつもりなかったけど合宿と収録時間90分につられて買いましたし、シャララのときもにかせん曲聞きたさに買いました。その点もエイベに感謝したいところ。

 

まあ相変わらずライブDVDのカメラワークはクソだからそこだけは頑張ってくれよな!!!!(あまりの下手さに酔うレベル)

 

 

近いうちに初回Aも買おうかなって思っています。