銀河さえも霞むくらい

ひかりかがやくすのーまん

ソロ曲って需要しかないと思うんだけどなぁ

キスマイの5thアルバムの楽曲詳細(曲名)が発表されました。正直、曲名だけ聞いた今は落胆しかしてないです。

二階堂くんのソロ曲なんなのあれ。
曲の方向性としては、サムライ☆ラブ☆アタック(他にわかりやすい例えが出てこなかった)のようなコミカルな楽曲になるのはほぼ間違いないと思ってます。ただの予想だけど。このタイトルで重たいラブソング放り込まれたらそれはそれでセンスを疑うけど。


ソロが7曲あると1曲くらいそういう楽曲がいてもおかしくないだろうし(わざわざそういう枠を設ける必要はないとは思うけど)そしてそれを、元気キャラで頑張ろうとしてる二階堂くんが担うのもまぁわかります。

でもなんで二階堂くんだったんだろう、他の人じゃダメだったのかなとか、いろいろと消化しきれない。

元気キャラを頑張るのと、自らすべりにいくのとでは意味が全然違うんだけど?
ってな感じで、不満しか出てこないです。

それはやっぱり、舞祭組メンバーにとってはオリジナルアルバムに初めてソロ曲が収録されるから、どこかで、というか全力で、かっこいい曲を期待してたからです。

だからこその落胆。でも、これは私の願望をただ二階堂くんにぶつけているだけなんですよねきっと。なんで思い通りにならないんだ、と。
そんなファン、向こうからすればうっとうしくて仕方ないよね〜なんて、ひねくれた目線。

かといって、二階堂くんないしアイドルがやることなすことすべてにイエスしか答えなくなったらそれは宗教の世界であって、私は信者にはなれないしなりたくない。


二階堂くんのソロ曲がCD音源化することは、二階堂くんを好きになってからずっと夢見てました。

まさかその夢が叶うタイミングが他の人に気持ちが揺らいでる今だとは思ってなかったけど、それでもやっぱりソロ曲は嬉しかった。
そんな私の勝手な背景もあって余計に落胆っぷりが、ね。



らいおんハートをしっとり歌っていた二階堂くんはいずこへ向かわれてしまったの…